提供:株式会社大邦建設・株式会社ホーメイ

大邦建設

名古屋家百科

名古屋家百科

このサイトは株式会社大邦建設と株式会社ホーメイによって運営されています。名古屋で注文、分譲住宅をお考えならぜひ弊社のホームページもご覧ください。
家は人生で一番大きな買い物です。慎重に、納得のいくお買い物をして下さい。このサイトの情報があなたの家選びの一助となれば幸いです。

丁張りは遣り方?

丁張り“丁張り”って聞いたことありますか?“遣り方”は?

どっちも意味は同じです。

基礎工事に先立ち地盤改良工事を行なう際には、地なわ張り又は芯出しを行い建物位置を割り出しますが、丁張りや遣り方では位置の確定・高さの確定を実施し、基礎工事に入っていきます。

建物位置や高さを決定するため、非常に重要な作業になってきます。

やり方には色々な方法がありますが、一般的な方法として、①等間隔に杭を打ち込む。②レベル(高さ)を測り、ヌキを打ち付ける高さを決定する。③杭にヌキを打つ。④トランシットなどの計測器を使用して、図面から境界からの寄りを確定し、建物の全周をヌキに記入。(特殊な記号を使用します。)⑤コーナーの垂直・水平を機器により計測。(糸を張って垂直計測器を使用したり、レーザーを使用したりします。)⑥基礎の立ち上がり部を特殊な記号でヌキに記載。です。

とのかく、建築にとって大切な作業です。他人・他社任せにせず、現場担当者自ら確認・指示するように依頼してください。